東村山わん友会NEWS

 この先どーなるかはわかりませんけど、犬のお散歩中に「やたらとヒトサマの放置ウンPが目に付く!!」現状を鑑みて、毎月第2日曜日の朝8時から、東村山市内のウンP清掃活動をおこなっている団体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

NAI-NAI 96

「第96回ドッグウォークin東村山」フォトコラージュ
↑クリックで拡大

 てなわけで、もうアレでございましてね。こちとら、只管拾糞会をかれこれ100回くらいやってますけどね。もうヤンなっちゃうぐらいにね、記録更新と言っていいくらいにウンPが少のうございました。
 ま、たぶん、今やコイケ知事が率いる東京都がやって下さってる草刈りと、都営東村山本町4丁目アパートの自治会のみなさんの清掃活動が重なった直後かなんかで、空堀川緑道が毛をむしられるだけむしられたトリさんみたいになっちゃったんですのよね。
 もちろん、犬のフンが落ちてないってことはイイことなんですけどね。ナーンカやっぱり、ちょっとだけですけど一抹の虚脱感を味わってしまうワケなんでありましてね。


第96回東村山わん友会お写真NEWS

 高知県の南国市議会では先月26日、「犬のふん放置を規制する条例改正案」が賛成多数で可決されたそうなんでございましてね。でーもね、議長と欠席1人を除く19人中10人の賛成でのギリギリセーフの可決。その理由は、同じ会派内でも意見が真っ二つに分かれちゃったからなんだそうですのよね。
 アンでも、改善勧告に従わなかった者に5万円の罰金を科する「ポイ捨て防止条例」の規制対象に「犬のふん」を加えたまではよかったんですけどね。その対象区域を住宅や商工業施設の密集する都市計画区域に限定しちゃったことから、「対象区域外の住民がお咎めなしになってしまうのはあまりにも不公平」という声が噴出したんですわね。
 んー、なんでそーなるのっ!!てゆー感じなんですけどねーっ。


第96回ご参加のお犬サマがた

 んじゃ、我が東村山市はいったいどーなっとるかとゆーと、残念ながら犬のふんの放置について罰則が設けられている条例はございません。その代わり、東京都には罰則規定のある「東京都動物の愛護及び管理に関する条例」というのがあるんですけどね、同条例に基づいて東村山市内で事件化した例は皆無なのでありますよ。
 んま、だいたいやね、そもそも「犬のフンの放置」についての対策をおこなう部署とゆーのが1つじゃないんですのよね。犬のフンは環境を害するから環境安全部地域安全課かしらと思うと必ずしもそうじゃなくて、私たちがフン拾いをしている空堀川緑道の場合だと河川に付随するモノなので東京都建設局北多摩建設事務所なんだそうでありましてね。でも、公園というカテゴリーから言えばまちづくり部みどりと公園課で、犬のフンを不法に投棄されたごみだと考えると資源循環部管理課なんだけど、犬のフン放置に関する啓発事業については健康福祉部健康増進課なんだそうなんですのヨッ、奥様っ。
 ま、頭が痛くなってきちゃったから今回はこれぐらいで勘弁しといたろカッですけど、ナーンカ最近ね、東村山にわざわざ住んでる意味があるのかしらとお悩みのソコのあなた、もしかするってぇと、試しにフンを拾って歩いてみるとフン切りがついて展望が開けるかも知れませんのヨッ。
 次回の開催予定日は11月13日(日)。新規メンバーのご参加をあんまりアテにしないでお待ちしておりますったもんだ。





スポンサーサイト

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

名もなく貧しく鬱屈しつつ

「第95回ドッグウォークin東村山」フォトコラージュ
↑クリックで拡大

 えっとぉ、どーもね、旧作のテンプレートが不具合を引き起こしているようでございましてぇ、いちおー新しいのに変えてみましたぁぁぁっ。
 話は変わりますけどぉ、三味線つったらやっぱり猫の皮でございましてね。アンでも、やっぱり猫の皮でないと、長唄や常磐津や義太夫の声にスンナリと乗る、チントンシャンという抜けの良い軽やかな音色が出ないそうなんでございましてね。んでも、やっぱり猫は愛玩動物だから、手放す人も少なくてなかなか手に入らない。いつしか東南アジアからの輸入品に頼らざるを得なくなりました
 そこで目を付けられたのが犬の皮なんでございましてね。日本でも戦後しばらくは全国のアチコチに野犬がたくさんいて、闇市には明記はしていないけど犬鍋屋が何軒もあったってぇ話だし、市民の苦情にせっつかれて保健所が捕獲していたりなんかもしてて、正規のルートでの調達はムリでも、裏ルート経由なら犬の皮はいくらでも手に入ったんでございましてね。


第95回東村山わん友会お写真NEWS

 ところが、次第に犬の皮も国内で調達するのがだんだんむずかしくなって参りましてね。猫の皮と同様に輸入品に頼らざるを得なくなりました。最近はその輸入品の猫や犬の皮さえもが、世界的に広がる動物愛護運動の影響もあって入手困難になって、日本全国の三味線製造業者が頭を抱えるようなことになってしまいました。
 この状況をなんとか打開しようと、秋田の邦楽器製造職人・梅原久史さんがはじめたのが、カンガルーの皮を使った三味線の製造。てゆーのも、オートリラリアでは野生のカンガルーが増えすぎないように殺処分をしているんたそうで、お肉のほうはレストランに並びますけど、皮のほうは牛革の代わりにお財布や靴として加工しております。とにかく、正規のルートで堂々と輸入できることが最大の魅力で、もしかすると、将来的には日本製の三味線の皮が、すべてカンガルーの皮になる可能性もゼロではないらしいんですのよね。


第95回ご参加のお犬サマがた

 うーん、コレ、いろんな意味で考えさせられる話なんでありましてね。人間の歴史というものは、何らかの問題が発覚したあともナントカ欲望を満たすために、代替品の開発に血道を上げてきた歴史でもあるワケですけど、殺虫剤の代替品のDDT、爆弾の代替品の核兵器、砂糖の代替品のチクロ、断熱材・摩擦防止剤の代替品のアスベスト、アンモニアの代替品のフロンガス、石鹸の代替品の合成界面活性剤てな具合に、代替品の歴史ってたいてい人類の悲惨な誤謬の歴史そのものなんでありましてね。
 最近は、犬の代替品の「AIBO」、猫の代替品の「ハロー!ウ~ニャン」、幼児の代替品「おしゃべりみーちゃん」なんつーのもございましてね。となるってぇと、パソコンやタブレットなどのOA製品だけではなく、ブログやSNSや動画サイトやゲームなんかも、何らかの代替品であるニオイがものすごくするんでありましてぇ、この先、人類は大丈夫かしらと思うんですけどね。
 つっても、アタシらはぬわぁーんにも考えずにただひたすらフンを拾うだけの会でございますから、ソコントコよろしくお願いしますわね。次回の只管拾糞会『第96回ドッグウォークin東村山』は、10月9日(日)に開催予定となっております。みなさまのご参加をお餅、もといっ、お待ち申し上げておりますのヨッ。



テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

東村山わん友会よどこへゆく

「第94回ドッグウォークin東村山」フォト・コラージュ
↑クリックで拡大

 毎度おなじみテキトーな集まり「東村山わん友会」でございますが、んーね、SMAPも12月に解散することだし、そろそろ東村山わん友会も、「フツーの小父さん小母さんに戻りたいわぁ」とかユッて、メンバーの方向性の違いを理由に解散してもいいんじゃないかと思ったりなんかするワケですけどぉ。
 たぶん、「んじゃ、解散しますから」とユッても、よく考えると日にちと場所だけが決まっている町内会のドブさらいみたいなもんで、別に集団でもなんでもないから解散もヘッタクレもなかったりするんざんすのよね。その証拠に、参加いていただいたって入会申込書があるわけでなし、規約も上納金もないし、やめたきゃ来なくなればイイ話なんでありましてね。


第94回東村山わん友会お写真NEWS

 でもぉ、そぉんなテキトーなフン拾いの会がどーして94回も続いているのかってゆーと、そりぁあヤッパね、ソコにはどす黒い人間の欲望が渦巻いているんでありましてね。その裏には、とんでもない柳生一族の陰謀が隠されているんでございましょうね。
 ソンナコンナで今回も又、恐怖の空堀川緑道糞尿地獄体験会は滞りなく挙行せられたのであります。ナーンカ変わったことはあったかしらね。ウーン、あっ、そうそう、割れたウヰスキーの瓶が何本も入った超危険な段ボール箱を見つけちゃったんですのよね。それから、第3天王橋のたもとで、わんこカートの車輪にリードがからまって往生いたしましたーっ。


第94回ご参加のお犬サマがた

 えっ!? で、肝心のヒョーショージョーの中身はなんなのか教えろって? もー、しょうがないわねぇ。

ひみつの画像入口

 ちなみに、上の画像をクリックしてしまった方は、当会に50,000円を寄付していただくことになっておりますので、あとで係の者に入金先の口座をお問い合わせ下さいましねーっ。
 あっ、ヒョーショージョーじゃなくてカンシャジョーだったんですけどね。ま、「テロを未然に防いだ」つーことであれば、国民栄誉賞ぐらいはいただいてもいいような気もするんですけどね。なにぶん、東村山わん友会はビビビのねずみ男並みに微力でございますから、過当評価以外の何物でもなかったりするんですのよねーっ。
 いつか、コレを持って行って交通違反取り消しのためにネヂ込んだり、高くかざして道行く人に土下座を強要するようなことは、1度くらいはやってみたいけどいたしません。
 来月の「第95回ドッグウォークin東村山」は9月11日(日)開催予定でございます。東村山わん友会の御威光にあやかりたい方のご参加をお待ち申し上げております。




テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

水掛け論

「第93回ドッグウォークin東村山」フォトコラージュ
↑クリックで拡大

 えっとね、毎年毎年、暑くなってくるってぇと「コレってどーなんざんしょ」と思うことが1つあるんでございましてね。
 全国の地方自治体のサイトには、「ペットを飼われる方へ」つーよーなページが必ずございましてぇ、ほとんどの場合、「犬のフンは必ず持ち帰りませう」「犬がオシッコをしたあとは必ず水で流しませう」と判で押したように書いてあるんですのよね。
 ま、ウンコは確かにそうでしょうヨッ。でーもね、シッコのほうはね、持ち歩いているお犬様の飲み水を申しわけ程度にかけていらっしゃるカタをたまーにお見かけしますけど、んなのは何10人に1人なんでございましてね。ほとんどのカタがウンコは拾うけどシッコは流さない。
 そりゃあね、個人のお宅の玄関先や門柱や花壇にしちゃった場合は、あとで水をかけるのが真っ当な渡世だとは思いますけどぉ、そもそも、そんなところにシッコをさせないようにお散歩するのが定説でございますから、フツーはそんな事態は起こらないっ。
 となるってぇと、問題は公共の道路の隅っこや植え込みや電柱の下にしちゃった場合なんですけどね。ハッキリ言って、私たちの只管拾糞会でも原則として、空堀川緑道でわんこがオシッコをした時にあとで水をかけるようなことはしておりませぬ。
 「えーっ!! じゃ、お役所様のご意向に従ってないってことぉ?」とゆー疑問も当然、出てくるかと思うんでございますけどね。


第93回東村山わん友会お写真NEWS

 そもそも、20世紀には、犬がオシッコをしたあとに水を流すような習慣はありませんでした。どうやら21世紀初頭に、某有名ペット雑誌がオシッコのあとに水をかけることを提唱したのが嚆矢のようで、それに呼応したNHKなどのマスコミがペット問題の1つとして採り上げたことで、マナーとして少しずつ広まりはじめました。ところが、10年前ぐらいをピークに、水かけをしている人はだんだんに減ってるんでございましてね。
 その最大の要因は、一部の獣医さんたちやトレーナーさんたちから上がった異論を唱える声でした。それは、「オシッコをした場所に水を流すことは気休めにしかなりません。犬にとってオシッコの匂いは、ほかの犬の動向を知るための重要な情報源です。ですから、犬は本能的にいつもほかの犬のオシッコの匂いを嗅ぎながら歩いています。オシッコをしたあとに水をかけると、かえって匂いが広く拡散してしまい、余計にたくさんの犬が集まって同じ場所でさらにオシッコをされてしまう可能性があります」というものでした。ある獣医さんは、「たぶん、ドラム缶1杯分ぐらいの水をかけたって匂いは消えないよ」とおっしゃっています。
 てゆーか、オシッコの匂いを効果的に消す方法がないわけではありません。まず、ペットシートを押しつけてオシッコを十分に染み込ませてから取り去ります。次に、洗剤をかけてその場所をブラシなどでよく洗浄し、最低18リットルぐらいの水をかけてよく洗い流します。そのあと、できればドライヤーや扇風機を使って十分に乾燥させてから、最後に殺菌剤や消臭剤や犬の嫌いな匂いのするクレゾール石鹸液などを散布しておくとカンペキだと。ウーンね、コレだと、わんこを4匹飼っているアタシらは、お散歩のたんびにドラム缶を積んだリヤカーを引っ張って歩かなきゃならなくなりそうなんですのよね。

第93回ご参加のお犬サマがた

 ま、冗談はおいといてぇ、犬がオシッコをしたあとにチョロッと水をかけることには、人間同士のコミュニケーションを円滑にするエチケットとしての効用はあっても、匂いを消すという衛生面の問題の根本的解決にはイッチョンならないということなんでございましね。
 それなら、いったいなぜ全国の地方自治体のサイトにはそのことが書かれていないのかとゆーと、ま、オブラートに包んで言えば、オシゴトを増やさないための、クレーム回避のための偉大なる知恵なんでございましょうね。
 いやいや、モチのロンね、犬を飼っているという事実だけで、私たちが社会的な迷惑をおかけしているという認識はあるんでございましてね。だったらぁ、犬をちゃんと躾けして、ウンチやオシッコは家の中でするようにしたらいいんでねぇの!?とおっしゃる? アンタはみのもんたカッ。人間も犬もそうですけどね、優等生だとかお行儀がよゐこってね、ホントにつまらないもんなんでございましてね。ましてやわんこは、どんなに頭が良くてもお行儀が良くても一流大学に行って一流会社に就職してくれるわけではないし、経済的に支えてくれるわけでもお買い物に行ってくれるわけでも介護をしてくれるわけでもなし、たった1つの大いなるミッションは、愛玩犬としてカワユサで人間の心を癒すこと。
 だぁかぁらぁ、手前勝手なことは重々承知してますしぃ、コレは犬をお飼いになっていない方にはオワカリいただけないかもしれないんですけどぉ、どーかヒトツ、道路や植え込みや電柱のオシッコにだけは水をかけなくてもイイってことにして下さいましよーっ、お代官様ぁぁぁっ!! とゆー感じなんですのよね。世の中には受忍限度つーものがございましょ。その受忍限度の内側に入れといていただくと天にも昇るようにアリガタイんですけどねーっ。
 お許しいただけないてぇことになると、やっぱしリアカーにドラム缶ですかしらね。いったいどこで売っているのかしら。ご存じのお方がいらっしゃいましたら教えて下さいましねーっ。




テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

土瀝青南無阿弥陀仏虎が雨

「第92回ドッグウォークin東村山」フォトコラージュ
↑クリックで拡大

 えー、毎度毎度、フンフン言いながらフンを拾っている東村山わん友会でございますが、こないだ、ふと、東村山市のホームページを見ていたら、東村山市議会に3月23日に出された『東村山市議会議員及び東村山市職員による動物殺処分施設の視察を求める陳情』が審査中であるのを発見いたしました。
 あーら、そぉんなことをやってらっしゃるカタがいるのぉ?とか思ったんですけど、実はコノォ埼玉県杉戸町在住の陳情者のO.K.さん、ギョーカイでは知る人ぞ知る陳情マニアなんだそうでありまして、内容がほぼ同じさまざまな陳情をなぜか居住地以外の区市町村に連発して出しております。うーん、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式なんですかしらね。


第92回東村山わん友会お写真NEWS

 そぉかと思うってぇと、来月の『第93ドッグウォークin東村山』を開催予定の7月10日(日)は、言わずと知れた参議院議員選挙の投票日なんでございましてね。ま、選挙のたんびにいちおー、わんこのシアワセのためには誰に投票したらいいのかしらんと考えてみたりはするんですけどね。
 せっかく昨年2月に発足した『犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟』も、8月に丸川珠代環境大臣の前任の望月義夫大臣に殺処分ゼロを申し入れに行ってからコッチ、ほとんど活動していないんですのよね。発足当時、みんなの党の参議院議員で同会副会長の山田太郎氏は、今回、新党改革の比例区から出馬して再選を狙ってるようですけど、新党改革と言えば、都知事を辞職予定のセコゾエさんが前党首で、東京選挙区のイチオシ候補は大麻解放を叫んでいる高樹沙耶(益戸育江)氏。
 どこかにもーちょっと、わんこの未来を明るくしてくれるシトはいないもんですかしらねーっ。


第92回ご参加のお犬サマがた

 で、ウカウカなんかしていると31日(日)は東京都知事選挙。ま、東京都はボランティア団体がたくさんあるせいで殺処分数は少ないんですけど、動物愛護法違反の虐待・遺棄事件の件数は年々増加してるんでありましてね。ニッポン社会の闇は確実に存在いたします。
 ま、ソリャね、吹けば飛ぶよな東村山わん友会がぁ、殺処分ゼロに貢献することなんてドダイ無理かもしれないんですけどね。やっぱり日本をオカしくさせている根っことゆーのは、犬のフンの放置に代表される社会性の欠如だと思うんですのよね。ここはヒトツ、東村山クソの根市民クラブでも結成して、世の中にはびこるクソみたいなものの正体がいったい何であるのかをジックリ探求してみましょうかしらねーっ。
 ソンナコンナでまた来月っ。

テーマ:東京・多摩地域 - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

FC2Ad

最新イベント

「第97回ドッグウォークin東村山」チラシ

☆上の画像をクリックすると最新イベントのチラシのPDFファイルをダウンロードできます。

プロフィール

東村山わん友会

Author:東村山わん友会
★連絡事務所
〒189-0014
東京都東村山市本町3-5-36-405
㈱ココ・プライド本社事務所内
℡042(397)6385
wanyukai@aloha-lohas.biz

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

イベント情報 (118)
東村山わん友会の秘密 (1)
活動報告(実践編) (110)
活動報告(裏事情編) (2)
共生の現場から (18)
おまけ情報 (15)
未分類 (2)
ナンヤカンヤのお知らせ (60)

FC2カウンター

情報をお寄せ下さい

犬フン情報募集中!!

◆東村山市内の〈犬フン情報〉を募集しています。「犬のフンが多くて困っています」「この地域の現状はこんな感じです」「私たちはこんな取り組みをしています」「こんなことができたらいいのにな」など、思い立ったらお気軽にお知らせ下さい。今後の活動指針を決定するデータとして活用させていただきます。よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。