東村山わん友会NEWS

 この先どーなるかはわかりませんけど、犬のお散歩中に「やたらとヒトサマの放置ウンPが目に付く!!」現状を鑑みて、毎月第2日曜日の朝8時から、東村山市内のウンP清掃活動をおこなっている団体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

FC2ブロクはタイトルなしでも公開されちゃウンざんす

 「第3回ドッグウォークin東村山」は、総勢14名のミナサマのご参加を得て、無事に終了いたしました。第2回の12月21日は、予想外にポッカポカ陽気でありがたかったんですけど、今回は眼下に見下ろす空堀川一面に氷が張っていて(↓)ビツクリ仰天いたしましたワッ。

空堀川の凍った水面

 念のため言っときますけど、いーくら東村山が東京のド田舎だからって、ハバロフスクみたいにオシッコが出たとたんに凍るとか、オーロラの下で濡れたタオルをブルンブルン振り回すと凍って固まるとか、挨拶まで凍るから春になって溶けると五月蝿くてたまらないとか、そういうことはないんでございますけどね。空堀川っちゅーのはその名の通り水量が極端に少ないので、寒風が吹きすさぶとアチコチの水たまりがフワーッと凍ってしまうのでございますわね。

「第3回ドッグウォークin東村山」参加者の面々

 で、フン拾い集会の中身のほうはどーだったかというと、なにぶん袋詰めウンPや植え込みのゴミを総ざらいした前回のあとだったので、今回は「ひょっとしてウンPなんか1つもなくて徒労に終わったらどうしましょ」という心配をしてたりもしてたんですけど、ホントーッにありがたいことに、今回も40リットルゴミ袋2つがいっぱいになって、案の定、野口橋にはたどり着けませんでしたよっ。

堂々たるウンP

 特にひどいのは天王橋の南側のシャリエ久米川アクアマークス裏の緑地帯(↓)で、あのフランスのナントカさんみたいに、全部1つ1つにお子様ランチ風の旗を立てて、「これが東村山ダーッ!!」てな自虐的パフォーマンスイベントでもやりたくなってまいりますわね。やりましょうかしらね。

天王橋南側のウンP地雷地帯

 ソンナコンナで、「犬といっしょに散歩しながら放置された犬のフンを歩くイベント」として始まったドッグウォークin東村山でございますけど、ココだけの話、お犬様方はなーんの役にも立ってないんでございますのよね。ま、可愛いからぜんぜんいいんですけど。

世間話に興じるハナ(左)とノン(右)

 これは余談なんですけど、ふれあい橋の横にこーんな警告看板(↓)があるのに初めて気が付いたんですけど、よくみるとなかなか年季が入ってて古いものらしいんですね。今まで何100ぺんも通って一度も気が付かなかったってことは、警告看板としては間違いなく失格でございますわよねーっ。

ふれあい橋横の警告看板

 ということで、今回も採り上げて下さったブログをご紹介してご報告は終わりです。そんなナゲヤリなことでどーするという声も聞こえてきそうですけど、やるたんびに自らの無力さを思い知らされてるような気がしますよのね。それよりオクサマっ、隣村の久米村では“所沢わん友会”ができるという噂も漏れ伝わっておりますのよ。「誰かがやんなきゃ、そりゃ俺だ!!」と思って下さる方が1人でも多く出て下されば、たとえ大河の一滴でもほんのちょっとだけ世の中が明るくなるような気がするんでございますわね。
 今後とも東村山わん友会をよろしくお願い申し上げます。


【採り上げて下さったブログ一覧】
★好きになろうよ!東村山「だから好きなのさ、東村山」
★エステロリスト王白姫“機密漏洩”「第三回Dog Walk無事終了(〃∇〃)の緊急報告?????」
★こうもんの☆ひとりごと☆☆「集団散歩」
★ドッグカフェってどう?「第三回 ドッグ・ウォーク in 東村山」
★☆アンジュお気に入りアイテム☆「寝耳に水の新しいファンデーションですってェ~??」
スポンサーサイト
このページのトップへ

「第3回ドッグウォークin東村山」動画でポン

で、つーくづくFC2動画サマとは相性が悪いようで、アップロードはできたものの“データ変換中”の文字がいつまでも消えなくて、堪忍袋の尾が切れて今回もMOVIE CASTERサマに浮気をしてしまいました。動画を見たい方はココをクリック!!して下さいマシね。

第3回ドッグウォークin東村山
このページのトップへ

本日朝6時の気温は2.4℃ですわよっ

第3回ドッグウォークin東村山

 本日も晴天につき、「第3回ドッグウォークin東村山」は予定通り開催させていただきます。各お天気サイトこぞって“強烈な冷え込み”をアピールしてやがりますが、万全の防寒対策をおとりの上、歯を食いしばってご参加下さい。何卒よろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ

アッと驚く海外ウンP事情

 知らないうちに決戦の11日は目前に迫っておりますが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでございましょうかっ。トングや軍手やポリ袋やティッシュのご準備はお済みでございましょうか。ントニもう、11日は北風吹き抜く寒い朝が予想されておりますので、イザご覚悟のほどよろしくお願い申し上げます。
 だいたいにしてからが、犬のフンに関しては我が東村山市でもソンナコンナの現状でございますけど、国内の他の地域ではいがかなものかしらんとネットで調べてみましたら、ちょっと検索してみただけでもココ掘れワンワン状態で、いわゆる“新住民”が増加している地域では判で押したように苦情がお役所に殺到しておりますのよね。一説によると「犬フン放置警告看板」は昭和40年代にはすでにあったんだそうで、今やそのバリエーションはあまりにも多すぎていくつ存在するか到底わかりません。


渋谷区のハチ公からのお願い看板

 それはそれとして、ふと、海外ではいったいどうなのかしらんという疑問が頭をモタゲたわけでございますね。ナーントナクですけど、主要先進諸国と呼ばれる国々では、そんなことはイッチョンなかろうもんと思ったわけでございますけど、そうは桑名のもっこふんどしで、世界各国で大変なことになってるでございますわよっ。
 これもナーントナクですけど、世界でいちばん深刻なのはアメリカあたりじゃないかと思っていたらチットモそうじゃなくて、海外ニュースの検索サイトで調べても犬のフンが問題になってるという記事は1つもありませんでした。ただし、これは決してアメリカがマナーのいい国ということではなくて、何しろ世界に冠たる反リサイクル大国で国民1人あたりのゴミの排出量が世界一の国ですから、ホッておくとすぐにゴミの山ができるから清掃事業だけは必死になってやってるという裏事情があるんですね。


ロサンゼルスの公園の無料ウンP袋配布ポール

 それにひきかえ驚いちゃうのはヨーロッパ諸国で、嫌煙権運動で喫煙者が入れないレストランやカフェにも犬は堂々と入れる代わりに、ワンコ飼いのマナーの点に限っては決してお行儀よゐこではありません。ようやっと21世紀になってから、放置ウンPの処理費用を捻出するためのペット税や、ウンP放置の即時罰金制度をアチコチの国で導入してはいるんですが、隠れて放置していく人はあとを絶ちません。それは、動物愛護運動の本家本元のはずのイギリスの首都ロンドンでも、リサイクル超先進国のはずのドイツの首都ベルリンでもそうなんですね。オランダのアムステルダムやベルギーのブリュッセルでは、犬の散歩の際に「フンを入れる袋」を携帯していないだけで50ユーロ(約8000円)の罰金をとられますが、それでもやっぱり犬のフンの放置はなくならないんですね。

ドイツの犬フン放置警告ステッカー

 ヨーロッパ諸国のなかでも最悪といえるのがフランスの首都パリで、パリ市役所に寄せられるクレームのほぼ90%は犬のフンに関するもので、放置された犬のフンですべって転んで病院に運ばれる人が年間600人にのぼるといいます。罰金制度を科しても状況がほとんど改善されないため、市当局は年間120億円の予算をかけて、モトクロット(バキューム式犬フン収集装置付きバイク)100台を駆使して1日あたり16トン(ホンマかいな)の犬のフンを処理していましたが、あまりにも予算がかかりすぎるということで近々モトクロットは姿を消す運命にあります。じゃあ、モトクロットがなくなったらどうなるのかというと、早朝に放水車でダダーッと放水して犬のフンを下水溝に流し込んでしまうのだそうです。手っ取り早いっちゃ手っ取り早い話ですけど、やっぱしモトクロットがなくなるのはさみしいザンスわね。

パリ市街を走るモトクロット

 パリ在住の画家、シリル・ウプランさんは、どーせなら芸術の都らしく、ウンPをアートにしちゃおうということで、パリの街角に落ちているウンPに片っ端からお子様ランチ風の旗を立てるパフォーマンスをおこない、同時に自分で作った旗を5本セット8ユーロ(約1000円)で販売しています。ウプランさんによると、この旗には犬フン放置をなくそうというメッセージが籠められているんだそうですが、んなこと言ったって何しろ1日16トンですからまるっきし焼け石に水でございますわね。

シリル・ウプランさんのウンPをアートに変える旗

 犬のフンの放置に業を煮やしたイタリアのベッチェッリやイスラエルのペトー・チクヴァでは、数年前から飼い犬のDNAのデータベース化を積極的に進めています。これは、放置されたフンのDNA鑑定をすることによって、犬の飼い主を特定して厳罰を加えるためなのだそうです。ここまで来るとちょっとコハイ気もしますが、そこまでヤらないとどーにもならない状況になっているのでありますよ。

DNA鑑定のために犬の唾液を採取するイスラエルの獣医

 結論から言って、日本を初めとするアジア諸国の犬フン放置事情は、ヨーロッパの諸都市に比べるとまだずっとマシということになるんだと思います。これはなんなんでしょうかね、儒教の精神だったりするんでしょうかしらね。それとも、他人の目を気にする世間体恐怖症ということになるのでしょうか。それにしては昔、江戸の名物は“火事喧嘩伊勢屋稲荷に犬の糞”なんて言われてたんですけどね。
 ヨーロッパの人々が犬のフンを平気で放置することの背景には、「自動車の排気ガスだって外に出てしまえば所有者に責任はないのだから、犬のフンだって肛門から外に出てしまえばそこから先の処理はお役所の仕事だ」という我々日本人には理解しにくい根強い考えと、たとえ間違っていても自己主張は堂々とするという気質があります。もしかすると、現代の日本人よりは江戸の日本人のほうがヨーロッパの人たちに近かったのかもしれません。
 日本国内でも京都府の城陽市を皮切りに、犬のフン放置に対して罰金制度を設ける動きが盛んになってきています。世界中でいちばん犬のフンの落ちていない都市といえば、やはり紙くずを捨てただけで1000S$(約7万7000円)の罰金をとられるシンガポールでしょうが、ナンでもかんでも罰金で取り締まろうという姿勢にはおいそれと同調できるものではありませんわね。
 ま、はっきり断言できるのは「世界は病んでいる」ということだと思います。その病んでいる世界をどうしましょうというのが、東村山わん友会の今後の課題になっちゃったりすると困るんですけどね。改めて人間世界の不気味さを実感させられましたニャンコ。


掃除する犬

【画像拝借サイト様一覧】
☆2009年雑言。(仮)「ふんバリアートの世界」
☆トリミングな気分♪「海外の糞対策」
☆ドイツニュースダイジェスト「犬のフン騒動」
☆環境Goo「フランス・犬の落し物クリーン大作戦」
☆産経ニュース「飼い主誰だ!犬のふんをDNA分析、罰金も イスラエル」
このページのトップへ

サイタマにはこんなものがございますのよっ

 あけましておめでとうございますワンコ。てなことで、正月から犬のフンの話題で恐縮でございますけど、当会の埼玉支局所沢通信員?のほうから、「所沢にはペット専用のシャワーとトイレを地域に無料開放しているマンションがある!!」というネタが寄せられまして、ま、東京でも都心部のほうへ行くとそんなのがあるっちゅー話は聞いたような聞かないような、とにかく、そんなのは東村山ではついぞお目にかかったことのない代物で、これはぜひ冥土の土産に見ておきたいと思って早速行ってまいりました。
 ネットで調べてみたら、ペットケアサービスSHOPとペットケアマンション(現在96棟)の全国展開をおこなっている西武グループ企業“アドホック株式会社”が企画・運営する、『コンフォートヒルズ』という賃貸マンションだということがわかりました。
 畑の点在するジグザグの釘折れ道をチンタラ行くと、ありました(↓)。


コンフォートヒルズ

 何しろ、ペットの足洗い場“フットシャワー”、フンを入れて流せる“うんちダスト”に、あんまり広くはないけどドッグランまであって、ワンコ飼いニャンコ飼いの方々には垂涎のマンションなのでありますよ(↓)。

コンフォートヒルズ共用施設

 ここのペットケアマンションの屋根屋のフンドシなところは、単に“ペット可”のマンションなのではないところです。ドア・窓・壁・床材などがすべてペット対応になっているだけではなくて、ペットを飼うのに便利な設備が最初からちゃんと付いているんですね。さらに、入居者の管理がしっかりしていて、ペットと飼い主いっしょの面接審査に合格しないと入居できないし、入居後にルール違反が発覚すると退去命令が出ます。しかも、共用施設は地域の皆様にも開放してるとあっちゃ涙が出ますね。ナーゼ東村山には1棟もないんだとクヤシイですわね。
 こりゃありがたいことだナンマンダブツと涙を拭いて帰ろうとしたら、共用施設の隅にある訴えかけるような貼り紙が目に入ったんですね。それがコレです(↓)。


コンフォートヒルズ貼り紙

 なーんかゴチャゴチャ書いてあってワッカリニクイと思いますけど、要するに、本当は犬のフンを流したあとのポリ袋を捨てることになってるダストボックス(ゴミ箱)に、フンを入れたままのポリ袋やら家庭ごみやらを捨てるルール違反が度重なったので、「2009年1月いっぱいでダストボックスを撤去しますからっ!!」っていう残念な貼り紙なんですね。人生至る所に青山ありというか(違うかっ)、「ブロンコスよ、お前もかっ!!」とゆーか、この場合、下手人はほぼ間違いなく近隣住民のほうだと思われるんですけど、ヤル人間はどこにでもイルんでございますわね。ったく、せっかくの厚意を踏みにじちゃってますよのね。
 もう、ホントにね、ほとんど東村山憤友会になりかけてたりするんですけど、いったい人類の進歩と調和はどこにいってしまったんでしょうかしらねと、雑煮を啜りながら愚痴る正月でございましたよっ。
このページのトップへ

最新イベント

「第97回ドッグウォークin東村山」チラシ

☆上の画像をクリックすると最新イベントのチラシのPDFファイルをダウンロードできます。

プロフィール

東村山わん友会

Author:東村山わん友会
★連絡事務所
〒189-0014
東京都東村山市本町3-5-36-405
㈱ココ・プライド本社事務所内
℡042(397)6385
wanyukai@aloha-lohas.biz

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

イベント情報 (118)
東村山わん友会の秘密 (1)
活動報告(実践編) (110)
活動報告(裏事情編) (2)
共生の現場から (18)
おまけ情報 (15)
未分類 (2)
ナンヤカンヤのお知らせ (60)

FC2カウンター

情報をお寄せ下さい

犬フン情報募集中!!

◆東村山市内の〈犬フン情報〉を募集しています。「犬のフンが多くて困っています」「この地域の現状はこんな感じです」「私たちはこんな取り組みをしています」「こんなことができたらいいのにな」など、思い立ったらお気軽にお知らせ下さい。今後の活動指針を決定するデータとして活用させていただきます。よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。