東村山わん友会NEWS

 この先どーなるかはわかりませんけど、犬のお散歩中に「やたらとヒトサマの放置ウンPが目に付く!!」現状を鑑みて、毎月第2日曜日の朝8時から、東村山市内のウンP清掃活動をおこなっている団体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

果たしてドコまでいけるやら

 「第8回ドッグウォークin東村山」に関してのお知らせですーうっ。

外国人には意味不明の外国風看板

 まあコノ、これは前にもチョロッと話が出てたことでございますけど、第8回は6月14日(日)開催予定ということで、なんたって梅雨入り直後のジメジメ陽気でございますから、おそらく1年中でいちばん雨天順延の可能性が高いんですけど、もし予想外の晴天または曇天で(「チェッ!!やるのか」なんていう悪い子は舌を抜きますけど)やるっつーなことになった場合、ちょっと経路を変えてみようかと思っております(↓)。

「第8回ドッグウォークin東村山」予定経路図

 ま、ウンP博覧会場の“想い出広場”は除外できませんので、〈天王橋→第二天王橋〉はきちっとやることにして、今回は空堀川の東側ではなくて西側のほうに足を伸ばし、府中街道をわたって〈浄水橋〉まで行ってみようって魂胆ざんすのよね。

新予定経路の風景

 目先が変わると新しい発見ガッ!!なんてことがあるかどうかはわかりゃしませんけど、なにはさておきやってみようということになっとりますので、そっちのほうで借金取りかなんかに会いそうな人は、今からカツラと入れ歯を買って変装の準備でもしときましょうね。
 そういえば、明後日の5月31日(日)は、折り返し地点予定の〈浄水橋〉のたもとの“からぼり広場”で、毎年恒例の『第11回空堀川・川まつり』が開催されます。川遊び、鴨レース(おもちゃ)、お囃子、フリーマーケット、模擬店、ミニSLなどのイベントが予定されています。去年は行ってみたら雨で中止になっててガッカリしたんですけど、今年は“くもり”の予報なんでなんとかなるかもしれませんワンコ。


■第11回空堀川・川まつり
◇日時 2009年5月31日(日) 10:00am~3:00pm(小雨決行)
◇場所 「からぼり広場」(空堀川浄水橋付近/東村山浄水場交差点横)
◇企画・主催 川まつり実行委員会
◇事務局 東京都北多摩北部建設事務所/東村山市都市環境部

 そういうワケですから、よろしくお頼み申しますわよっ。

田中要次氏が発見した犬のフン看板

【画像拝借サイト様】
空堀川に清流を取り戻す会
★田中要次ブログ-BoBA BLoG-「犬のフンの謎」
スポンサーサイト
このページのトップへ

今回はいちおう見てきたんですけど…

 毎度おなじみいつもユルユルの東村山わん友会でございますが、ひょんなことから先週のクソ暑い火曜日の午後、市内のほとんどの公園から犬を締め出していることで悪名高い、東京都小平市を愛犬2匹に引っ張られて散策して参りました。
 ま、案の定というか噂どおりというか、目立つか目立たないかの差はあれこそすれ、あちこちの公園の入口には「犬を入れないで下さい!」の看板が「わかったからもういいです」と泣きたくなるくらいに立っております(↓)。


公園に設置されている犬入場禁止の看板

 徘徊の途上、たくさんのお犬サマがたともお会いしたんですけど、これだけワンコが公園から締め出されてるんじゃ、そざかし怒り心頭に達している飼い主の人もいらっしゃるんじゃないかと思って眺めてたんですけど、気のせいかもしれませんがどなたもニコニコとしていらっしゃって穏やかで、どうにも何か、ニオイというか雰囲気というか、どう見てもオラが東村山村とマルッキシ違うんでございますわね。
 ふと周りを見渡しても、オッシャレーなカフェ(↓)だとかギャラリーだとかがヨダレが出るほどあって、東京のド田舎東村山にはほとんどナイ“文化の香り”がそこはかとなく漂っております。


テラス席には犬も入れるカフェ「ラグラス」

 なーんでかしらんとツークヅク考えるんですけど、市内に大学が6つもある学園都市だからとか、ブリヂストンを筆頭に市内に大規模な企業施設があって財政に余裕があるんだとか、市民の文化向上に対する意識レベルが高いんだとか、ま、真偽はともかく理由はいろいろあるんでございましょうが、やっぱり結論としては、“まちづくり”というものがとても理想的になされている気がするんですね。
 そりゃ、東村山にだって魅力あるコンテンツがないわけじゃないですけど、イメージがそれぞれバラバラで統一感のないことおびただしくて、ま、早い話が、ネットに登場する“東村山”の5大キーワードは、「志村けん」「100mビル」「正福寺」「草の根」「黒焼そば」あたりじゃないかと思うんですけど、この5つのキーワードから理想的な東村山像をイメージしてくれっつったって無理ざんすものね。
 だいたいにしてからが、東村山市に引っ越してくるほとんどの人たちの転入の動機というのが、「東村山音頭に培われた知名度を活用して犬を通じた文化を世界に広げたいっ!」という東村山わん友会会員のミナサマのような崇高なものではなくて(いろいろとご異論はございましょうけど)、ぶっちゃけた話、「環境がよくて交通の便がいいわりには人気薄で地価や家賃が安いからっ!」てなことじゃないかとニラんでおりますのよね。たぶん、「東村山市以外に住むなら死んだ方がましっ!」と思っているのは私1人ぐらいじゃないですかね。
 ナンダカンダあって、小平市在住のワンコの飼い主が公園から締め出しを喰っていながらそれほど不平不満を爆発させていない大きな理由は、“文化の香り”という付加価値に裏付けられた市民の矜持にあるんじゃないかしらと考えるわけですね。それをもっとも象徴している存在が、“美しい日本の歩きたくなる道500選”にも選ばれている、市の中心部にある全行程21kmにおよぶほぼ環状の「小平グリーンロード」(↓)で、その周辺には歩くだけで楽しくなるさまざまなスポットが目白押しに並んでいます。


全長21kmにはワンコも驚くグリーンロード

 もちろんそれは、行政側の都市整備計画や一部の企業者の商売上の野心のせいもあるのかもしれませんが、視点を変えれば、やっぱりそこには「自分たちが住んでいる街の魅力を高めよう!」というココロザシがあるのではないかと思います。
 そういうココロザシが東村山にはナイ、とは決して言いませんけど、何かを核にして新たな魅力を作り出そうという機運はあっても、その主旨がイマヒトツ住民に浸透していかない事情の裏には、「コンナになるんですのよ」という未来イメージを湧かしてくれないということに尽きるんじゃないかと思うんですのよね。文化というのはモノじゃなくて、ある美学に基づいて何かを守り育てようとするココロですから、無理やり作ろうたって作れやしませんけど、都市の文化の程度がいちばん如実にあらわれるのは、やっぱり“まちづくり”じゃないかと私は勝手に考えるワケですね。
 となると、おんなじように犬の散歩のメッカとなっている、「小平グリーンロード」と東村山の「空堀川ふれあいロード」をどうしても比較したくなってくるんざますけどね、自転車道と歩道が別々になっていて、犬の散歩にも最適で魅力的な周辺スポット満載の「小平グリーンロード」と、自転車道と歩道が共用なので、いつうしろから自転車が来るかとビクビクもので、ホーントに犬のフン以外にはほとんどなんにもない東村山の「空堀川ふれあいロード」の現状を比較するだけでも、もうヤんなるほど“まちづくり”に対する意識の差というものは歴然としてくるんじゃないかと思いますのよね。
 というようなワケで、相変わらず公園ワンコ締め出しの小平市役所の姿勢には釈然としないものが残りますけど、それを十分とは言えないまでもほぼ補完している「小平グリーンロード」というすばらしいコンテンツの存在に、東村山村民として羨望を隠しきれない1日でございました。東村山にこんなのがあればですね、公園の1つや2つがワンコ立ち入り禁止になってもヨございますわよね。
 なんとか理想的な“まちづくり”を模索しようという、このところの東村山市の姿勢には大いに評価すべき点があると思いますけど、数多くの市民に「住んでてよかった」と思わせるのは並大抵のことじゃありゃしません。世の中には“一長一短”なんて言葉がございますけど、“短”のほうはザックザック出てくるからいいようなものの、いったいヒガシムラヤマの一長一短の“長”はどこにあるんだと聞かれて、「“緑あふれ、くらし輝く都市”なところでございますーっ」なんつーのでは頭を引っぱたきたくなってくるんでございますわヨッ。
 “まちづくり”で道路やハコモノが優先されるのはしょうがないっちゃしょうがないことですけど、そのことで街に新しい魅力が付加されるかどうかは別問題ですからね。あとはもうなんとかね、「小平グリーンロード」の自転車道はなかったことにして、柵で囲って“世界一長いドッグ・ラン”でも作ってくれたら、私も小平市に住民税を支払ってさしあげてもよろしくってよと思うんですけどね。今度小平市役所の市長室にでも忍び込んで、再選を果たした小林正則君にコッソリ耳打ちでもしてきましょうかしらね。その前に我らがリーダー・渡部尚君に何かビシッと言っとくべきかもしれませんけどね。

きちんと片付けてね!

【記事紹介関連サイト】
ようこそ!小平グリーンロードへ
【画像拝借サイト様】
★自然の潤いを感じて
★ぱちくり屋のPOP-BLOG
このページのトップへ

蕗茗荷伸びて驚く皐月かな

「第7回ドッグウォークin東村山」photoコラージュ

 んなワケでございまして、『第7回ドッグウォークin東村山』は11人+8匹の参加でメデタク終了したんでございますけど、フンが~っ、フンが~っ、フンが~っございませんのよ、オクサマっ!! 例の不埒者メラが正義の東村山わん友会に恐れをなしたとか、ゴールデン・ウィークでお犬様方はみんなお出かけなすってたとか、一昨日まで降り続いてた雨で流れちゃったんだとか、いろんな説があるんでございますけど、ほとんどナイところを探しているてえな具合ですとね、なんだかフラフラ歩いている犬連れの不審なゾンビ軍団みたいなモンで、都営アパートの清掃活動のみなさんに出くわして冷や汗をかいたんだってばヨーっと。
 あらあら、それじゃ今回も40リットルのボランティアごみ袋半分で終わりかしらと思ったら、何の因果か上堀橋脇の公園で、大きなポリ袋にパンパンに入った腐敗して虫の湧いた残飯20リットルを拾ってしまいました。これだけの量となると犯人はどっかの飲食業者だと思うんですけど、ったくタチが悪いっちゃありゃしませんわヨット。ほんでもってほれまた、なんにしろ暑うございました。全国の各都市で軒並み5月の最高気温記録を更新したんだそうで、やっぱり地球をなんとかしなくちゃなりませんわね。できませんけど。ミエミエの選挙対策で、政府はヤッキになって省資源オトク制度をこしらえたりなんかしてますけど、たぶん間に合やしませんですのよね。


びっくらコイたクワガタムシ

 そっれっかっらっ、前の記事でご紹介したシンポジュウム『うんP拾いの21世紀を語る』はどーなったかっつーとですね、ナンダカンダあって6人+6匹で都営アパートの公園の藤棚の下で開催いたしました。人の口に戸は立てられないと申しましょうか、ナーンテね、ことはありませんで、人類と犬類の未来についてイロイロ意見交換することができました。わんこグッズやわんこホテルの情報からはじまって、ノーリード問題やら狂犬病予防注射の話題やら、レクリエーションや夏合宿(?)開催の提案も出されました。ほとんどがどーなるかテンデわっからない話ですけど、ヒョウタンからコマで現実化した場合は当ブロクでお知らせしたいと思います。
 これは毎度申し上げていることですけど、東村山わん友会は“参加したらいっしょに犬のフンを拾っていただく”という以外の制約を一切設けない自由な任意団体です。ま、ドッグウォーク参加者のみなさんのなかにはいらっしゃらないと思いますけど、たとえ少しでも不本意な部分がおありになるのなら、ご参加いただけなくても私たちはなんの批難もいたしません。人間にとってシガラミで動かなければならないほど不幸なことはございませんものね。もちろん、人間はシガラミに囲まれて生きているワケですけど、せめて“東村山わん友会”はシガラミを持ち込む必要のない団体でありたいと考えておりますわんこ。
 6月14日(日)の『第8回ドッグウォークin東村山』は、集合場所と時刻は今まで通り天王橋8:00amですが、こう毎回犬のフンが目に見えて少なくなってるとあっちゃ、なーんか無常観を感じたりなんかしますから、第8回は前日に調査隊なんぞ派遣して、やっぱり少ないようならイキアタリバッタリの新しいコースに進出してみようかと思っております。どうせ少ないんだったらドコをやったっておんなじざんすものね。
 なにはともあれ、今後も東村山わん友会をお引き立て下さいますようよろしくお願い申し上げます。


我孫子市の犬フン放置警告看板

【画像拝借サイト様】
★OWL’s strage days「千葉北房篇~便意が来たりて腹がいてえ~」
【記事UPブログへのリンク】
★☆アンジュお気に入りアイテム☆「気温29度?朝から熱い一日でした。。。☆」
★エステロリスト王白姫“機密漏洩”「汗ばむ季節の中で《わん友会のうんP拾い》無事終了っっっ!!!」
★ドッグカフェってどう?「第七回 ドッグウォーク in 東村山」
★こうもんの☆ひとりごと☆☆「下を向いて歩こう~」

◆「第7回ドッグウォークin東村山」で撮影した写真を、Google『Picasaウェブアルバム』に“招待者のみに公開”の設定でアップロードしました。すでにメールアドレスが判明している参加者の方には“招待メール”をお送りいたしました。招待メールが不着の方や他メディア経由の提供を希望される方は、お手数ながら連絡事務所までご連絡下さい。
このページのトップへ

拾ってるシーンが少ないですけドッ

「第7回ドッグウォークin東村山」ビデオタイトル

動画はココをクリック!!
このページのトップへ

本日も粛々と

「第7回ドッグウォークin東村山」タイトル

 やるってな話ですわね。今日は夏の暑さが復活して、東京(いちおう東村山も入っておりますが)は今年最高の29℃を記録するというような予報です。本日もよろしくご参加のほどお願い申し上げます。
このページのトップへ

分かりますか?

そこに犬のフンを捨てるとどうなるか分かりますか?

 本当に本当に本当に分かりますか? だといいんですけど。
 というようなワケで、“第7回”は目の前です。最初に申し上げておきますが、前回の記事のコメント欄で言いだしっぺの王白姫のほうから、『うんP拾いの21世紀を語る』開催の提案がございましたっ。


市民奉仕清掃活動21世紀ビジョン

 ご賛同やご提案のコメントもボチボチいただいたりなんかしておりますが、我が東村山わん友会といたしましては、今回は事前に開催日時や場所を特定することはいたしません。「あんだってまあ」かとゆーとですね、現段階で全員にお知らせするにはちょっと時間が迫り過ぎておりますし、参加者のなかには日常茶飯事にインターネットを見られない環境の方もいらっしゃいますし、人間には波長の合う日と合わない日があったりしますしね、だいたい回覧板や伝書鳩や電子書信や電話でいちいち連絡なんかしてるとですね、どうにも“七面倒クサ感”が蔓延してヤんなるというか、「毎月第2日曜日は朝8時から犬フン拾い!!」以外の制約を作ることになって、会風(?)に合わない気がするざんすのよね。

京都府の犬フン放置禁止看板

 ま、第7回の当日はですね、冒頭で「こんなんヤラカしたいんスけどいいスか?」とご提案した上で、前回のように放置フンが目に見えて少ないようでしたら、ウの目タカの目で探すようなことはやめてササッと切り上げてですね、イスのある公園にでもシケこんでパパッとヤラカしたいものですわんこ。ナンヤラカンヤラやるってのはそっから先のハナシざんすものね。
 ソンナコンナで、いつも行き当たりバッタリの東村山わん友会でございますが、着いてこられる方だけ着いてきていただきたいもんだと切に願っております。
 第7回の10日(日)の天気は、晴天かつ一挙に気温が上がって久しぶりの“夏日”になるという予報が出ております。これから夏に向けての東村山わん友会では、「水着でフン拾い」「フン臭ガマン大会」「大型犬フン割り大会」「怪奇納涼犬フン屋敷」など、ゾクゾクするようなイベント企画がメジロ押しです。今回もミナサマのご参加をお待ち申し上げております。


相模原市「犬フン放置禁止ステッカー」

【画像拝借サイト様一覧】
★倉敷市立玉島北中学校1年生「Nタイム」
一輪庵
★相模原市ホームページ「犬糞放置禁止ステッカー」


このページのトップへ

FC2Ad

最新イベント

「第97回ドッグウォークin東村山」チラシ

☆上の画像をクリックすると最新イベントのチラシのPDFファイルをダウンロードできます。

プロフィール

東村山わん友会

Author:東村山わん友会
★連絡事務所
〒189-0014
東京都東村山市本町3-5-36-405
㈱ココ・プライド本社事務所内
℡042(397)6385
wanyukai@aloha-lohas.biz

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

イベント情報 (118)
東村山わん友会の秘密 (1)
活動報告(実践編) (110)
活動報告(裏事情編) (2)
共生の現場から (18)
おまけ情報 (15)
未分類 (2)
ナンヤカンヤのお知らせ (60)

FC2カウンター

情報をお寄せ下さい

犬フン情報募集中!!

◆東村山市内の〈犬フン情報〉を募集しています。「犬のフンが多くて困っています」「この地域の現状はこんな感じです」「私たちはこんな取り組みをしています」「こんなことができたらいいのにな」など、思い立ったらお気軽にお知らせ下さい。今後の活動指針を決定するデータとして活用させていただきます。よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。