東村山わん友会NEWS

 この先どーなるかはわかりませんけど、犬のお散歩中に「やたらとヒトサマの放置ウンPが目に付く!!」現状を鑑みて、毎月第2日曜日の朝8時から、東村山市内のウンP清掃活動をおこなっている団体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

キャットウォークは狭い通路ですわんこ

犬のフンダメ

 そういうワケで、そもそもドッグウォークin東村山の“ドッグウォーク”ちゅーのはですね、我が東村山わん友会の代表発起人“王白姫”が作った造語なんですけど、ネットで検索したらフィッシングの専門用語でもございまして、ペンシルライトというルアーの一種が、頭を左右に振りながら泳ぎ進んでいる状態のことをそう言うんだそうです。
 以上、今朝の『役に立たない豆知識の時間』でゴザイマシタ。


 んだどもですね、実は東村山わん友会に先立つこと6年も前から、やっぱり犬といっしょのウンP拾い活動を始めて、しかも同じくウンP拾いの活動を“ドッグウォーク”と名付けてらした先人がいらっしゃったんでございますのヨッ。それが、本名は出しませんけど、栃木県小山市在住のウェルシュ・コーギー・ペンブローク“コー助”君のお母さんなんですわね。

コー助の栗鼻リンクバナー

ドッグウォークの会

コー助の栗鼻
★コー助の栗鼻「ドッグウォークの会」

 どっかで聞いたような話ですけど、犬の飼い主のマナーの悪さにブチ切れた小山市では、市内の公園をすべて犬立ち入り禁止にしてしまいました。ところが、コー助君のお母さんがはじめた〈ドッグウォークの会〉の活動を高く評価した小山市が、試験的にではありますが市内の公園への犬の立ち入りをOKしたそうなんですのよ。あーたはエライッ!!

ドッグウォークの会活動風景

 この活動風景の写真(↑)なんかを見ましてもね、このブログの活動報告にまぎれ込んでたってチットモ違和感がありませんわよね。 もうちょっと近ければドッグウォークのついでに突撃したいとこですけど、小山まで何日かかるかわかりませんからやめておきましょうかしらね。

 続いては、犬のおまわりさんがホントにいたっていう話なんですけど、この写真(↓)じゃよくわかりませんけど、この2匹のわんこはちゃんと“西入間警察署生活安全課”と書かれた制服を着て、制帽までかぶってますのよね。

パトロール中に子供たちと触れ合うカレン、カノン母娘

★毎日JP「掘り出しニュース:不審者見逃さないワン “かわいすぎる”お巡りさん、人気」

 埼玉西ブリーダーズクラブのボランティアグループ「犬のおまわりさん」が、西入間警察署の承諾を得ておこなっている活動の1つで、目的は“子供たちの防犯”なんだそうです。ま、防犯ならトイプーよりドーベルマンにしたほうがいいような気もしますけど、やっぱりなんですわよね、こうやってニュースになっちゃうようなアイデアを考えて実践した人ってのもエライですわね。

 アタクシもたまに瑞穂店にお邪魔しているジョイフル本田のペットセンターに、ドッグウォッシュマシーン(↓)てのがございましてね、要するに“全自動犬洗い機”なんですけど、このドッグウォッシュマシーンに注目したイギリスの国営放送BBCが、「犬洗いマシーン、日本で売れ始める」というニュースを3月17日に流したことから火が点いて、欧米各国のマスコミでちょっとした論争が巻き起こっているんだそうでゴザイマス。

ジョイフル本田のドッグウォッシュマシーン

●Searchina/日本のドッグウォッシュマシーンが欧米で話題に「安全とはいうが、残酷」
 日本のペットセンターにある「ドッグウォッシュマシーン」が欧米のメディアで話題を呼んでいる。ガラス窓付きの大型洗濯機のような中に犬を入れると、まず温水シャワーとシャンプーが噴射され洗浄され、最後に温風で乾かしてくれる。複数のニュースサイトで、実際に使用中の映像と共に製品が紹介されている。
 英BBC「世界の1分間ニュース」では17日に「犬洗いマシーン、日本で売れ始める」と題して放送され、同サイトのもっとも人気のあるビデオ3位にランキングされている。映像では「アメリカでデザインされたこの製品は、家で洗うのが困難な犬に適している。家で風呂に入れた後の大変さを考えると、リーゾナブルな値段といえる。洗ってもらった後の犬は意外に気持ちよさそうだった」とナレーションで紹介している。
 米サンフランシスコ・エクザミナー紙(電子版)は「日本人があなたの犬を完全自動で洗う方法を見つけ出してくれた」と題して映像を流し、「全部のプロセスは30分かかり、代金は1000円。犬の安全性は確認されている」と紹介。「ただし、体験している犬はあまり幸せそうではなかった」とコメントを付け加えている。
 一方、英テレグラフ紙では「残酷な日本の犬洗濯機は、ペットフレンドリーな英国では決して理解されない」と題して、ペット・コラムニストがニュースサイトのブログで、批判的な意見を述べている。
 この機械の開発者は、犬を『小さなかよわい生き物』としてではなく、『きれいにする必要のあるもの』として見ているのではないかと指摘。映像では犬が窓にはりついて震えている。人が犬を洗うときには、なでたりするなどし安心させながら洗うものだが、この機械を利用すると犬が洗濯物のようになっているという。「次に発売されるこの機械の改良版では、チャイルドシートが内蔵されているかもしれない」と皮肉を込めて締めくくり、動物愛護の考え方に疑問を呈している。(編集担当:桐山真帆子・山口幸治)


 チャイルドシートが内蔵されるかどうかはわかりませんけど、うーん、やっぱりね、「日本人はペットを玩具か装飾品としか見ていない」という指摘は昔からチラホラとあって、いろいろと考えさせられるNEWSではございますわね。
 それにつけても最近、「ペットに愛情をもって接している人は犬のフンの放置なんかしませんわよっ」とつーくづく思うんですのよね。だって、世間体がどうこうという話じゃなくて、わんこに対して恥ずかしいですものね。愛情を注ぐということは、可愛がるだけじゃなくて人生(犬生かしら?)の規範を示すことだと思いますのよ。


3000円請求いたします

 ソンナコンナで、昨年の4月のドッグウォークの時は桜はもう散っちゃってましたけど、今年は予想外の寒さで満開日が遅れそうなケハイですから、11日(日)の第18回ドッグウォークin東村山では散りぎわの春の名残ぐらいは見られるかもしれません。
 ま、いくら桜がキレイでも、我々の真の目的は憎っくき放置ウンPでございますからっ、別に桜が散ってたって屁でもありゃしませんですわね。「屁ではある」という方は、満開の時期にひとりわん友会なさって下さいましね。


黒かりんとうだと思って子供が食べちゃうぞ!

【画像拝借サイト様】
★Yagoo the photolog satellite「ゴミステルナ」
★あらっ!不思議?面白!?写真集「犬のふん」
★月影日記「かりんとう?」
スポンサーサイト
このページのトップへ

雪のオカゲかもしれませんけどっ

第17回フォトコラージュ
↑この画像だけはクリックすると拡大いたしますわヨッ。

 どうもあんだいね、ワラワラ虫のように集合して、クモの子のように散らばるわん友会でゴザイマスからっ、どこからどこまでが参加者だかわかんなくなってくるんでございますけど、今回は、8名+6匹のご参加(たぶん)じゃなかったかと思いますワンガリ・マータイ。
 別に『なーんでかフラメンコ』は歌わなくていいですけど、今回は前回より放置ウンPがゴソッと減りました。だいたい、そうですわね、前回はドリアン3個分だったのが、今回はキティちゃん2個分になりました。
 えっ!? イマヒトツわからない? それではですね、あーたを次回から計測係に任命しといたげますから、ゴム手袋とバケツとハカリを持ってご参加下さいましね。そゆことですから、お待ちしておりますわヨーッ。
 ソンナコンナで、こないだの雪で流れまったんじゃないかという説もありますけど、「東村山の春は放置ウンPの減少と共にやってくる」という非科学的な説のほうが、よっぽど信憑性があったりするんですのよね。


第17回東村山わん友会お写真NEWS

 ま、コリャコリャこのへんでね、我が東村山わん友会もさらに雄飛(星飛雄馬じゃありませんのよっ)すべき段階に達しているのではないかと、そんなような機運も高まりつつある現下の状況ではございますが、なにぶんにも情報不足で、カエルのヘソを探しているやうな暗中模索の状態でございますのよっ。
 どーかヒトツ、参加者の皆様のご意見・ご希望なり、参加者以外の皆様からも“東村山犬フン情報”がございましたら、ドッシドッシとお寄せいただけましたら幸いです。
 そういうコトで、「誰かがやんなきゃ、そりゃ俺だ!!」という方が1人でも増えて下さると、東村山の未来がホタル1匹分ぐらいは明るくなるんじゃないかと思いますので、過大な期待はしないで地道にお待ちしております。ンナコトですからっ。


◆東村山わん友会では、「ドッグウォークin東村山」で撮影した写真を、Google『Picasaウェブアルバム』の“招待者のみに公開”の設定で、参加者の皆様に限定配信しております。配信を希望される方は、お手数ながら連絡事務所までメールアドレスをお知らせ下さい。

大日本愛糞会ポスター

【関連記事紹介サイト】
★エステロリスト王白姫“機密漏洩”「inu犬…いぬ三昧な一日が~~~無事終了いたしましたわんこッッ♪」
★こうもんの☆ひとりごと☆☆「パパは休日出勤①」
このページのトップへ

WhiteDayわんわん大行進っ

「第17回ドッグウォークin東村山」ビデオタイトル

動画はココをクリック!!
このページのトップへ

えぇ~とってゆーよりせぶんてぃーん

第17回決行のお知らせ

 本日は、午前中はお日様燦々でポカポカしてるものの、午後は日差しが陰って寒くなるんだとか。まさに犬フン拾い日和なんでゴザイマスのヨッ。そんなら行きまひょって何万人も集まったら困るんですけど、そんなこたぁあーりませんわね。
 それではミナサマ、今日も8時に天王橋でお会いいたしましょうんこ。
このページのトップへ

うちの犬は嫌煙犬だったりしますけど

SEA SHEPHERD フラッグ

映画「The Cove」ポスター

 てなワケでございまして、チマタでは調査捕鯨妨害でおなじみのSEA SHEPHERDだとか、日本のイルカ漁をテーマにしたドキュメンタリー映画「THE COVE」がアカデミー賞をとっちゃったりだとか、ワンコではないけど物騒な動物関連の話題で持ち切りでございますけど、ふと、考えるのはですね、空堀川緑道に犬のフンを放置してお立ち去りになる飼い主のミナサマは、われわれ『東村山わん友会』のことを、いったいどう思ってらっしゃるかということなんですわね。
 ま、「犬のフン放置は日本の伝統文化だ!!」とはおっしゃらないでしょうけど、うーん、やっぱし、「ウッチャッた犬のウンコを目のカタキにしているウザい奴ら」ということなんでございましょうかしらね。


東村山わん友会 フラッグ

 ついこないだまでの日本人は、欧米人のことを「四ツ足まで喰いやがる野蛮な毛唐」と思ってたはずなんですけど、明治維新からコッチ、そんなことはぜんぜんなくなりました。イギリスでは今でもウサギ狩りが紳士のスポーツだし、中国人は日常茶飯に犬を食べてるし、和歌山県の太地町ではイルカ漁がおこなわれているわけで、こういった問題は毛皮や動物実験の問題と同様、恩恵を受けている人間側の“倫理”が問われるワケですけど、この倫理観を人間以外のどんな動物にまで適用すべきかの基準を作るのはとってもむずかしいですね。
 ま、倫理観なんつったところで、あらゆる生き物のなかで、ナンタッテいちばん手前勝手でズル賢くて残酷なのは間違いなく人間ですからね。ただ、その事実を理解した上での贖罪のカタチは人それぞれであっていいと思うんですのよ。
 SEA SHEPHERDのように一方的な正義感を振りかざしたり、「あなたは犬のフンを放置しますか?」と問われて、「私は違うわよ」と思いたいところにだけ東村山わん友会の意義があるんだとしたら、そんな意義は捨てちゃっていいのかもしれません。
 昔、ドーゲンってボーサンが“只管打坐”とか言ってましたけど、東村山わん友会は“只管拾糞”でやっていきたいと思っておりますわんこ。


 東村山村からはあんまりにも遠いのでご存じないかもしれませんけど、東京の向こうッ側に“ちば県”ってところがありまして、そこに『ちば犬』っていうのが住んでおりますのよね。それがコレ(↓)なんでございますのヨッ。

ちば環境再生基金マスコット「ちば犬」

 発信元の産経ニュースによりますと、「県の“ちば環境再生基金”のエコロジー犬キャラクターとして平成14年に誕生。県の花“菜の花”の黄色を前面に押し出して郷土愛を全身で表しているが、悲しいかな知名度はイマイチ。千葉県の地図が顔になっているので、千葉のカタチを崩さないために顔を横に傾けられない。同じ犬のキャラクターで千葉国体マスコットの有名犬“チーバくん”だと子供たちに間違えられるのが目下の悩み」らしいです。

犬フン放置警告文「バカモン」

 さーて、いよいよ14日(日)は『第17回ドッグウォークin東村山』でございますけど、高気圧と低気圧のオシックラで、日々刻々天気予報も変わったりなんかしてますけど、晴れりゃヤル、雨降りゃヤラナイってだけの話ですーうっ。
 ま、前回の菓子業界陰謀の日に義理ナントカをもらっちゃったシトは、それなりのリアクションはしましょうねということですわね。
 別にやってりゃ偉くてやってなきゃ非国民ってわけじゃあーりませんけど、今回も今回とて“只管拾糞”の世界を堪能したい御用とお急ぎでない方はふるってご参加下さいましね。


【記事関連サイト様&画像拝借サイト様】
ちば環境再生基金
★産経ニュース「【ゆるキャラ名鑑】ちば犬『日本一のエコ県』が夢」
★tails by side「大阪下町風情『ココラデ犬にくそさすな』」

このページのトップへ

最新イベント

「第97回ドッグウォークin東村山」チラシ

☆上の画像をクリックすると最新イベントのチラシのPDFファイルをダウンロードできます。

プロフィール

東村山わん友会

Author:東村山わん友会
★連絡事務所
〒189-0014
東京都東村山市本町3-5-36-405
㈱ココ・プライド本社事務所内
℡042(397)6385
wanyukai@aloha-lohas.biz

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

イベント情報 (118)
東村山わん友会の秘密 (1)
活動報告(実践編) (110)
活動報告(裏事情編) (2)
共生の現場から (18)
おまけ情報 (15)
未分類 (2)
ナンヤカンヤのお知らせ (60)

FC2カウンター

情報をお寄せ下さい

犬フン情報募集中!!

◆東村山市内の〈犬フン情報〉を募集しています。「犬のフンが多くて困っています」「この地域の現状はこんな感じです」「私たちはこんな取り組みをしています」「こんなことができたらいいのにな」など、思い立ったらお気軽にお知らせ下さい。今後の活動指針を決定するデータとして活用させていただきます。よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。