東村山わん友会NEWS

 この先どーなるかはわかりませんけど、犬のお散歩中に「やたらとヒトサマの放置ウンPが目に付く!!」現状を鑑みて、毎月第2日曜日の朝8時から、東村山市内のウンP清掃活動をおこなっている団体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

それでも東村山

浜名湖フラワーパークのウナギ犬

 ウナギ犬もビックリ!!というわけじゃありませんけど、なーんか先週は、犬がダシに使われた事件が続出いたしましたわんこそば。
 まずはコレ(↓)。


空き巣100件!犬の散歩でカムフラージュ
フジテレビ「FNNニュース」4月22日放送

 警視庁捜査3課は、群馬県高崎市の女性宅で現金1万6千円と貴金属を盗んだ容疑で、中国人男女3人の窃盗団を逮捕したんですけど、調べてみるってえと、いざ仕事にかかる際には必ず犬を連れて行って、犬の散歩を装った女性に見張り役をやってもらってたんだそうです。
 なーんか東村山わん友会も、犬のフン拾いを装ったギャング団とか言われないように、綱紀粛正しないといけないような気がしてきますわね。
 次はコレ(↓)。


高級犬飼うため、歯科医院で500万円窃盗
 これもおんなじ警視庁捜査3課の事件ですけど、住所不定・無職の43歳の男性が、歯科医院の事務所に侵入し現金を盗もうとしたとして、窃盗未遂と建造物侵入の容疑で逮捕されました。注目すべきは犯罪の動機で、盗んだ金を愛犬のフレンチブルドックの餌代と医療費にまわすための犯行だったんですね。
 この人、前は昼間専門の空き巣だったんですけど、2年前に犬を飼い始めてからは昼間は犬の散歩などの世話をしなければならなくなったため、夜間専門の空き巣に商売替え(?)したそうです。
 「動物好きに悪い人はいない」なんていうのは、とっくに迷信になってたりするんですわね。
 最後はコレ(↓)。


犬の糞処理めぐり突き飛ばされた男性死亡
 どうも警察発表というのは、誤認を避けるためか事実を列挙するだけの小学生の作文みたいなところがあって、経緯はコッチで想像しなきゃなんないようなことが多いんですけど、ま、要するに大阪府堺市の61歳の男性が、自宅近くの路上で乗用車を運転中、飼い犬のフンを拾っている59歳の男性が通行の邪魔になったのでクラクションを鳴らしたところ口論となり、思い余って突き飛ばしたらコンクリートの壁に頭をぶつけて死んじゃったということなんですわね。
 犬のフンを放置したのを注意して口論になったんじゃなくて、ちゃんと拾っていた59歳の男性が死んじゃったのはどうにもやりきれないところです。別に放置してたら殺されてもしょうがないってわけじゃありませんケド。

 コレは、ま、事件じゃありませんが、CM総合研究所が22日に発表したテレビCMの2009年度好感度調査によると、首位は2年連続でソフトバンクの「白戸(ホワイト)家の人々」になりました。

SoftBank「ホワイト家族24」

 このCM、お父さんが犬だというシュールさをモチーフにとにかくドライ&コミカルに作ってあるわけですけど、こういうCMが2年連続で好感度ナンバーワンになる国っていうのも、どこかちょっと不気味な気がしないでもないですわね。なーんの未来も示していないんだけど、ココロヨければすべてヨシみたいなね。
 昨日今日のNEWSで、上海万博のリハーサルでの中国人のマナーの悪さがクローズアップされてたりしますけど、著作権問題を含めた中国人の無頼漢ぶりの裏側には、「こーんな二重人格の国家じゃ頭にきてやってらんないワッ」というような精神的抑圧もあるんじゃないかと思いますしね。
 やっぱり考えれば考えるほど、飼い犬のフンを放置するという奇態な行動も、精神的鬱屈に裏打ちされた表現行動の1つ、言い換えれば、放置する人々の現代社会に向けての呪いが織り込まれている気がしますのよね。
 となると、ドッグウォークin東村山は一種の除霊行為で、東村山わん友会はシャーマン集団のようなことになってきますけど、「ま、そんならそれでいいよ」という無節操さのほうが東村山わん友会の身上だったりもしますからっ、この世に犬の放置フンがある限り、相も変わらずやらしていただかして参ろうかしらと思っております。

飼い主に教えて下さい

 さーて、いよいよゴールデン・ウィークも間近に迫っておりますけど、今年もまた諸税値上がりだってのに、オヤサイは高くてモヤシばっかり売れてるし、東村山にドッグランができるわけじゃなし、犬に子ども手当はくんないし、不正なわんこビジネス事件は後を絶たないし、ワンコ飼い人生は茨の道なんでございますのよね。
 唯一の朗報は、前回の記事のコメント欄でhiromi*サマより情報をお寄せいただいた、東村山市富士見町に建設中のトリミング&ドッグカフェ「はなカフェ」が、いよいよ5月中旬にOPEN予定だってことぐらいですわね。
 ちょっと気になるのは、オーナーの“はな父”さんのブログでの表現によると、「はなカフェ」の建物は“小さな小屋”なんだそうで、東村山わん友会の全員全犬が繰り込めるかどうか微妙なんですけど、5月になったら1度偵察に行ってみようと思ってますので、詳細については後日お知らせいたします。
 ンなことでございますのヨッ。


ぼくのフン取り残したらいやだワン!

【関連記事掲載サイト様】
100%チワックス? お転婆はなとの愛のくらし
【画像拝借サイト様】
★浜名湖花図鑑「浜松フラワーパーク!! 菜の花、ウナギに驚くウナギ犬!!」
★Happy Go Lucky!!「逆効果じゃないですか?」
★つれづれ写真草紙「犬の糞のマナー」
スポンサーサイト
このページのトップへ

ドッグカフェ開業者募集中!!

「第18回ドッグウォークin東村山」フォトコラージュ
↑あけてビックリ!!クリック拡大機能付き画像

 んなわけで、「第18回ドッグウォークin東村山」は9人+4匹のご参加でやらせていただきました。
 前回同様、放置ウンPは激減状態を維持しております。ココだけの話、天王橋のそばにあったファミマがなくなってから、コンビニ関連のごみも格段に減りましたしね。その代わり、東村山市のごみ行政への不満のあらわれか、汚れたビニールシートやなんかの燃やせないごみや、分別していないごみをまとめて詰め込んだ袋など、そのまま出したらルール違反で持ってってもらえないようなごみの不法投棄が目立っておりますのよね。
 やっぱりもう、こうなったらね、“東村山どこへ行っちゃったんだ大使”の竹下景子さんを呼ぶしかないと思うんでございますけど、なんたって行方不明ですからっ。ひょっとしてNHKに拉致監禁されてしまったものか「ゲゲゲの女房」では確かにお見かけするんですけどね。コリャもうね、割った鍋高しシチョーさんにNHKまで救出に行ってもらおうかと考える今日この頃でございますわんこ。


第18回東村山わん友会お写真NEWS

 んでもって、放置ウンPの激減でなーんかベクトルを見失いつつある我が東村山わん友会でございますが、そこんとこをどーにかこーにかしようじゃあーりませんかと、党中央本部では新たなイベントの開催も計画したりなんかしております。
 具体的には、“東村山市民産業まつり”なんかで、ブースを借りてPRしている企業や団体を見かけますけど、アレを東村山わん友会でできないものかしらと思っておりますのよね。ま、“ブース料金5万円”なんて言われたら泣いて帰るしかありませんけど、そのへんをなんとかドガチャガとタダにしていただけないかと目論んでおります。
 なんにしましても、ヒトツみんなで集まって話し合おうと思っても、東村山市内にはドッグカフェが1つもないというのが現状でございまして、そこんとこが1つの大きなネックになってたりするんですのねっ。「人と犬 糞とマナーがいがみあい ウンコあふれる東村山」にならないように、快適なわんこ生活の実現を願って皆様とともに歩む東村山わん友会、てなことはチットモ考えてませんけど、相も変わらず凝りもせずに募集だけはしてますので、ご意見・ご希望がございましたら右上のメールフォームでお寄せ下さい。
 お待ちしてますからっ!!


【関連記事掲載サイト】
★こうもんの☆ひとりごと☆☆「お花見気分でウンチ拾い♪」

東村山の犬フン放置警告看板
このページのトップへ

とりあえず動画

このページのトップへ

晴天じゃありませんけど

「第18回ドッグウォークin東村山」決行のお知らせ

 本日の「第18回ドッグウォークin東村山」は決行させていただきます。
 ま、ハッキリしないどっちつかずのお天気ですけど、日中は雨の心配はないようですから、景気付けに同期の桜でも歌ってみましょうかしらね。どっちにしても、今夜から降りだす雨で桜の花は散ってしまいそうです。春の名残をいかにとやせんでございますわね。ナニガナンダカよくわかりませんけど。
 本日もよろしくお願い申し上げます。
このページのトップへ

貧すればトンスルなーんつって

日本とほとんど変わらない釜山の街

 さて、壁に耳あり障子に目ありのミナサマは先刻ご承知の通り、東村山わん友会のホンダラ構成員約2名は、恥ずかしながら韓国の釜山に行って参りました。そこで、渡韓前にココはヒトツ、釜山のワンコ事情なんぞを探ってみようかしらんと一念発起いたしました。
 どっかで聞いたような台詞でございますけど、ま、とりあえずビールとゆーか、とりあえずマッコリ(モッコリじゃございせんのよっ)とゆーか、ヒトツご報告だけはしときまひょかと思うんでございますわね。


釜山の街角でお会いしたワンコの皆様

 濃厚なアジアの匂いが大都会にも残されているのは、日本以外のアジア諸国に共通の現象だと思いますけど、釜山の街並みは意外と整然としていて、上海や香港のような鋭角的な感じがありません。それでいて、決して消極的でも内省的でもなく、カラッとした芯の強い明るさが満ちている不思議な都市です。
 日本・中国と並んで、韓国がアジアの3大ペット大国の1つに挙げられているだけあって、釜山でも散歩しているワンコにたびたび出会いましたし、繁華街にはペット関連SHOPがモノスゴイ勢いで増えているんだそうです。


南浦洞・ジャガルチ地区のワンコ関連SHOP

 でも、実はそんな韓国で2007年から2008年にかけて、犬に関する2つの大問題を巡る大論争が巻き起こっていたんでございますのよっ。
 1つ目は〈ペットの犬の大量遺棄事件〉です。
 韓国ではすでに2003年頃から第1次のペットブームが到来していたのですが、2005~2006年にかけての国内消費の低迷、原油高、ウォン高などによって経済が疲弊し、収入の減った数多くの市民たちがペットの犬を捨てはじめたのです。それこそアジア民族お得意のご都合主義って気がしますけど、ピーク時には、韓国国内で1年間におよそ6万匹の犬が遺棄されたそうです。


遺棄犬引き取りキャンペーンに参加したスーパージュニア

 何しろ突然、街中に野良犬があふれかえったもんですから、驚いている暇もなく困りますわんこ。寄ってたかって捕まえたってそれをどうすんだって話ですわね。
 結果的にこの大量遺棄の流れが止まったのは、韓国のマスコミがタレントや俳優を総動員して、1年以上にわたっておこなった共同キャンペーンのオカゲでした。韓国の都市部の街で野良犬の姿がほとんど見えなくなったのは、2009年に入ってからのことなのだそうです。


「CeCi」誌の遺棄犬に愛をキャンペーン

 2つ目は、2008年4月に起きた〈ソウル市当局による犬の食用家畜化構想事件〉です。
 韓国では昔から、「犬とヘビは食べるもの」という文化が育まれてきたんですけど、ようやく1988年のソウルオリンピックの時に、国際世論の反発を避けるために、犬肉とヘビ肉を「嫌悪食品」に指定して市場や飲食店での取り扱いを禁止し、犬料理やヘビ料理をメニューに掲げていた料理店に対する取り締まりがおこなわれました。
 しかし、高齢者を中心にした犬食文化擁護派の意志は根強く、風当たりを恐れた犬肉料理店は大通りから路地の奥へ移転したものの、世間から黙認されつつ密かに営業を続けていました。
 ところが、2008年4月、降って湧いたようにソウル市当局が、犬食文化擁護派の意見に呼応するかたちで禁止令を撤回し、犬肉を食用家畜に分類する発表をおこなったのです。


ソウルの犬食反対パフォーマンス

 ソウル市当局の発表に対しては、動物愛護団体を中心とした市民からの批難が殺到しました。それは次第に署名運動や街頭デモに発展し、インターネットを通じて世界各国に配信され、「韓国は動物虐待国家だ!!」という論調が主流を占めるようになり、ついに2008年8月、ソウル市当局は犬肉合法化構想を断念しました。

韓国の犬肉料理論争を伝える読売新聞

 でも、現在でも決して韓国国内で犬が食べられなくなったというわけではありません。それどころか、今でも犬料理専門店はたくさん存在しますし、日本人向けの観光サイトでも堂々と紹介されています。韓国国務調整室が2006年におこなった調査によれば、韓国国内で年間200万頭の犬が食べられています。それがイキナリ、ゼロになるわきゃないですわね。
 確かに犬食は法律を最大解釈すれば韓国でも違法なのですが、政府や行政当局も摘発には二の足を踏み続けています。そこんとこには、やっぱり犬食擁護派の「食文化ですけど、何か?」という大きな開き直りの壁が立ちふさがります。
 モーなんだかね、話が重すぎて名案なんてちっとも思い浮かびませんけど、「とりあえず犬と猫だけはやめとこうよ」とそっと囁くぐらいしかできませんのよね。


冷蔵庫の犬

 んー、で、HAWAIIでは1つもなかった放置ウンPが、釜山ではいったいどうだったのかっていう話でございますけどね、案の定ゴザイマシタ。何しろ3泊4日の1日目と2日目がけっこうな雨だったもんで、あってもほとんど流れちゃったんだと思いますけど、3日目に海雲台でメデタク発見いたしました。これでやっと肩の荷が下りたような気がいたしましたわ。

海雲台のビーチホテル前の放置ウンP

 韓国には、人や犬やニワトリの糞を漬け込んだ「トンスル」という伝統の薬用酒がございましてね、来たる11日のドッグウォークの時には、是が非でも皆様にこの丹精籠めた自家製のトンスルをご馳走させていただきたいと思いますのよっ。うーそピョン。

【画像拝借サイト様】
★月見酒の部屋「あれ?見つかっちゃったよ(徒然なる)」
このページのトップへ

最新イベント

「第97回ドッグウォークin東村山」チラシ

☆上の画像をクリックすると最新イベントのチラシのPDFファイルをダウンロードできます。

プロフィール

東村山わん友会

Author:東村山わん友会
★連絡事務所
〒189-0014
東京都東村山市本町3-5-36-405
㈱ココ・プライド本社事務所内
℡042(397)6385
wanyukai@aloha-lohas.biz

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

イベント情報 (118)
東村山わん友会の秘密 (1)
活動報告(実践編) (110)
活動報告(裏事情編) (2)
共生の現場から (18)
おまけ情報 (15)
未分類 (2)
ナンヤカンヤのお知らせ (60)

FC2カウンター

情報をお寄せ下さい

犬フン情報募集中!!

◆東村山市内の〈犬フン情報〉を募集しています。「犬のフンが多くて困っています」「この地域の現状はこんな感じです」「私たちはこんな取り組みをしています」「こんなことができたらいいのにな」など、思い立ったらお気軽にお知らせ下さい。今後の活動指針を決定するデータとして活用させていただきます。よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。