東村山わん友会NEWS

 この先どーなるかはわかりませんけど、犬のお散歩中に「やたらとヒトサマの放置ウンPが目に付く!!」現状を鑑みて、毎月第2日曜日の朝8時から、東村山市内のウンP清掃活動をおこなっている団体です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

イヨイヨも何もあったもんではなく

看板設置者の皆様へのお願い

 んナわけでございまして、今月もアッという間に犬フン拾い術東村山道場昇段試験の日が近付いてまいりました。三段になられますと道場主からウンPとぐろ型被り物が授与され、ドッグウォークの際は必ず着用してご参加いただくことになります。皆様のご奮闘を心よりお祈り申し上げます。
 空堀川ふれあい公苑野外道場では、当会理事N嬢の体表面にマダニが寄生していたことが発覚いたしました(これは冗談ではなくホントです)。マダニそのものは命を左右するような生き物ではございませんが、マダニが感染源となる人獣共通感染症には危険なものもあります。感染経路については、空堀川の河川敷の藪中より飛来したものか、はたまた他犬より転入してきたものか定かではありませんが、新緑に向かう虫類繁殖の折柄、参加者の皆様におかれましてはくれぐれもご注意下さいますようお願い申し上げます。
 んなこと言ったって、これしきの理由で我らが栄光あるドッグウォークを中止するわけにも参りませんので、本部道場といたしましては、道場秘伝の竹酢液原液精製液(低温抽出のため人身犬身には無害)の水溶液をご用意いたし、ご希望の参加犬・参加者の皆様に噴霧させていただく所存です。できれば市販の有害化学物質入り殺虫・防虫剤のご使用はお避け下さいますようお願いいたします。
 このところ野暮用が重なりまして、犬問題解決のためにネット検索してるような時間がありませんでしたので、改めてスーダラ研究発表するようなことはないんですけれども、犬問題に関する保健所とやらの趣きは如何なものかしらんと散見いたしましたら、案の定、浮世離れした能書きをノタクッてやがりました。


保健所からのお願い

 これこれ石の地蔵さんじゃありませんけど、「フンは必ず持ち帰ります」は前田のクラッカーだとしても、「トイレはお散歩前に家の中で済ませましょう」やら「電柱などにしたオシッコはすぐに水で洗い流しましょう」やら言いやがるんでございますのよっ。「はいはい、それではの、家の中でするまで待つことにいたしましょうかの」なんつってたら、外でしかしないウチの犬はギャーギャー騒いで発狂しますし、ヨソのおうちの門柱や花壇にしちゃった場合はさておいて、電信柱に水をかけて洗い流している飼い主なんかついぞ見かけたことがございませんわよっ。
 本部道場の近くにある“むさしのiタウン四季の街”なんか、あろうことか電線地中化で電信柱が1本もなくて、あちこちに100円SHOPで売ってる「犬の糞尿お断り」の看板が立ってるもんだから、犬の散歩の時はいつもビクビクもので泣きながら走り去るしかありません(嘘ピョン)。なんたってあーた“犬”ですから、ちょっと油断したスキにチョロチョロ出しまくるわけですからね。でも、そのなかに1軒だけ、ココは絶対に犬にオシッコさせないで通り過ぎようと思うお宅があるんですのよ。その理由はこの看板(↓)です。


おしっこさせないでね!!

 同じ看板でも、どうにも作った人の心が直接伝わってくる出来栄えで、“Welcome”の字をわざとバッテンで消してある洒落っ気が憎いざんすわね。決して100円SHOPの出来合いの看板では済ませない、こういう心配りができる人はタダモノではないとニラんでおりますのよね。
 話は保健所に戻りますけど、東京都福祉保険局のサイトを見ていたら、やっぱり気になるブツに目が止まってしまいました。それは「犬を飼うってステキです―か?」(↓)という啓発パンフレットなんですね。

啓発パンフレット「犬を飼うってステキです―か?」

 だいたいからして、このタイトルが「す―か?」である理由がちっともわかりませんが、それはおいといて、興味のある方がいらしたら実物をご覧いただければ一目瞭然なんですけど、要するに犬を安易に飼ったあとでこんなはずじゃなかったと後悔しないために、犬を飼うということがどんなに予想外にタイヘンで、犬というのがいかに“期待はずれの生き物”かということを懇切丁寧にゴタクを並べて説明したパンフレットなんですね。
 そりゃね、捨て犬や保健所で処分される犬を減らしたいという意図はわかるんですけどね、ここに書いてある“タイヘンさ”は私たち犬の飼い主はみーんな経験している当たり前のことですし、だからって私たちは犬が“期待はずれの生き物”だと思ったことは一度もありません。
 そもそも、このパンフレットを読んで「メンドクサそうだから犬を飼うのやっぱりヤーメタ!!」という人がもし世の中にいるんだとしたら、そういう人こそ人間としてどーなのよということになりゃしませんかね。それこそ犬のフンを放置する飼い主も含めて、みーんなまとめて“期待はずれの人間”だったりしませんかね。
 ま、これを書いてる私自身にしてからが、なんーか心の隅をチクチクされてる気になってくるんでございますけどね。もう、そんなことなんかよりも何よりも先にですね、「人間に飼われるってステキです―か?」というパンフレットを犬に読んでもらわなきゃどうしようもないんじゃないでしょうかしらね。
 ただし、このパンフレットの編集者もその辺のところはちゃんとわかっているようで、最後にわざわざ「犬を飼うってステキです。あなたがステキな人ならね」って書いてあるんですね。でも、よく考えるとコレってまぎれもない挑発で、かえって意固地になって犬を飼う人が増えそうで怖くてなりません。いずれにしてもとっても残念なことながら、犬を捨てたり保健所に持って行ったりする人は、こんなパンフレットを読む機会には永遠に巡り合わないのでしょうね。
 とかいって私も毎回ゴタクを並べまくっているわけですけど、ホントにもうね、いつポックリいくかわかりませんから、なんとか“期待はずれの人間”にならないようにしないとね、犬にまで馬鹿にされて死んでいくしかありませんからね。シッコはともかくせめてフンの放置はやめてほしいというのが私の遺言ですね。
 既報の通り、今月12日(日)の「第6回ドッグウォークin東村山」では、チラシ配布による広報活動を開始したいと思っております。サイト画面右上からダウンロードできるチラシもぜひご活用下さい。また、犬問題や東村山わん友会に関するご意見・ご質問がございましたら、コメントまたはメールでどしどしお寄せ下さい。
 この先も何がどうなるかわっかりゃしない東村山わん友会でございますが、どーにかこーにか存続する限りは、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。


☆東京都福祉保険局パンフレット「犬を飼うってステキです―か?」
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

当り前田の・・・

ウンピは当り前田のクラッカーだとしても、チッコはどうなのよ、と。
例の「愛犬と登山」の管理人は、チッコを電柱にひっかけるくらいは容認せよ、という事のようです。
しかし、私は、容認できない、でも、どうすれば良いのかわからない、のです。
庭、ベランダ或いは家の中のトイレシートで散歩の前にやらせたとしても、ワンという奴は何回もやりますしね。私は、出来るだけ土のあるところでこっそりやらせるようにしていますが、アスファルトの上でもやる時はやってしまいます。それに、大型犬の量は、なあ。
町中でのチッコは仕方がないものとして、認めるざるを得ないものなのでしょうか。チッコぐらいで、てめえらガタガタ言うな!でもねー。
これを振り掛ければチっコはたちどころに消えてなくなるというような
ものを開発してもらえないもんでしょうか。「愛犬家のご家庭の皆様!一家にひと瓶、ワンチッコスプレー!」

  • 2009/04/10(金) 18:07:00 |
  • URL |
  • なんでもたまこ #-
  • [編集]

なんでもたまこサマへ

e-65なるほどシッコについては、小型犬のは“天竜下ればしぶきがかかる”ぐらいで済みますけど、大型犬だと“さあ事だ馬の小便渡し舟”になりかねませんですわね。ウンPのほうなんか推して知るべしで、別に無理に推さなくても“想い出広場”のブツはとっくの昔に東村山名物になってますものね。e-112室内飼いが主流になってきた昨今、犬のマーキングはテリトリーの誇示というよりも、「私はコンナ犬ですよ」というプロフ代わりみたいなことになってるようです。つまり犬にとっては重要なローカル・メディアでもあるわけで、それを人間が勝手に遮断してしまうことは如何なものかと私は思ってしまうんですけどね。e-223ココだけの話、電柱に犬がしたシッコは、少々の水を流したぐらいでは拡張面積が広がるだけで、ほとんど効果のない気休めにすぎないそうです。かといって合成界面活性剤や合成香料満載の消臭剤を使ったのでは、その場はしのげても川や海の環境を破壊することになります。e-93日本でもロンドンやパリに倣って、ちっちゃい砂場みたいな犬専用の公衆トイレを作る自治体もありますけれども、やはりどうしても数が限られるし、必ずしも犬はそこでしてくれないし、定期的に清掃するのはタイヘンだし、結局はトイレ自体が悪臭の発生源になったりなんかして、結局はやむなく撤去する場合がほとんどのようですね。e-74ドッグウォークin東村山でも、もちろん私たちは参加犬のウンPは拾いますけど、シッコのほうは遺憾ながら天下御免にしているワケで、そのへんが“仏作って魂入れず”じゃないかと思って眺めている人もいるのかもしれません。そのことはやっぱり心のどこかに留めておくべきだろうと思います。e-225私の個人的な意見としては、やはり誠に勝手ながらシッコについては大目に見ていただきたいというのが本音です。毎度ながら批難されることを覚悟して言えば、犬についてのクレームを付けられる方々の心には、「うちのシマで勝手なことをされちゃ困る」というような、なーんか妙な“なわばり意識”があるように思っちゃうことがあります。e-244これはあくまで想像ですが、電信柱のなかった江戸時代の市街地では、犬たちは当然のように家の柱や軒先にシッコやウンPをし、住民は多少渋い顔をしながらも当然のように毎日掃除をしていたんだと思います。それは決して、どうにもならないものとあきらめて仕方なくそうしていたのではなくて、そこにはたぶん“おたがいさま”という気持ちがあったように思うんですね。e-192東村山の市街地には、犬といっしょに安心して散歩できる空間がほとんどありません。だから、区間が長く開放的でクルマもやってこない、好適な条件を備えた空堀川ふれあいロードが犬の散歩のメッカになってしまうは当然です。ただ、周辺住民の方々の「それにしても最近は法外に増えてるだいね」というご意見は同情に値するんですけどね。e-254少子化が進んだ代わりにペット・ブームが押し寄せている背景には、日本がこの先どうなるかわからないという漠然とした社会不安があります。おそらく犬のフンを放置する飼い主の心の中には、「犬のフンぐらいでガタガタ言うな」というストレスが渦巻いています。そこではいつも“無理を通せば道理が引っ込む”と“長いものには巻かれろ”のアンビバレンツが拮抗しています。e-56理想的な相互扶助社会実現のためには、どこに誰が住んでいて、その人がどういう人で、何ができて、何を求めていて、何をしたいのかという、最低限の個人情報が公開されていなければなりません。しかし、プライバシー保護の名の下に、現代の日本社会はそれとほぼ正反対の方向に進みつつあります。e-47人類は、気の遠くなるような時間のなかで、知識と経験を経ながら1歩ずつ進歩してきました。でも、実は少しずつ、未来の理想形は今のベクトルの先にはないんじゃないかと疑いはじめている人は増えていると思います。たかが犬、たかがシッコの問題からもそのことは如実に見えてきます。e-226ウイルス対策ソフトみたいに、人生をちょっとだけ中断して好きな時に再開できればいいんですけど、それができないだけに生きているというのはホントに因果なものございますわね。やっぱり私たちはナンダカンダ言って、犬フン拾い活動をやるぐらいしか能がないのかもしれませんワンコ。

パンフレット。。。

読みに行ってきました。
書き手の意思はわかりませんが・・・
確かに、これぐらぃ書かないとって思うよぅな事件も
ありますね><

命を育てる・・・その重さをわからなぃで
おっきくなってかわいくないから、保健所・・・こうゆぅ話しをよく耳にしますし、排泄物さえ、責任をもてない飼い主が多すぎます。
でも、いたちごっこになったって、それを訴える人達がいるからこそ、助かる命もあるんだと思います。
明日も暑くなりそぅですね。
東村山わん友会の皆様・・・
水分補給して、頑張ってくださぃ。
ちょっと遠く離れた?場所にて、応援しています。

あ~に、言うだよぉお↑↑

v-8おめぇよぉ、犬飼うってステキですーか?って意味がワカンねぇっつうだよぉお。
 ステキなことばいないだぁよ、おめ。
メシは山ほど喰うしよ、うんこも山ほどこくしよ。
 しょんべんすんにも近所に気ィ遣ってよ、やれ、注射じゃなんじゃ、金も使ってよぉ。

 んでもよ、みんなひっくるめて腹くくって全部引き受ける覚悟で飼ってんだぁよ。
 清濁併せ呑む覚悟っつぅのをしてんだよぉ。こう見えても。
犬が悪さこくのは愛嬌っつぅもんだよぉ。ったく心の狭ぇ人間ばい増えちゃってよぉ、犬だけじゃなくって飼ってる人間まで住みづれぇってぇの。メンドウなイキモノではあるけどよ、人間ほどは、ズルくねぇで。
 ソコに惹かれるかしんねぇな。

ってか、このパンフ…作った方たち、苦肉の策なんでしょうが失笑通り越して失禁しそうになりましたわ、アタクシ。
 では明日お目にかかりましょうね、御機嫌よう~♪

 おっ、上のお方は、わん友会名誉常任応援団のうさぎ♪さまでは??了解っ。お水補給してガンガンおしっこ、しまくります。ちがうかぁあっ!!!!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wanyukai.blog41.fc2.com/tb.php/28-7aeb55d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

最新イベント

「第97回ドッグウォークin東村山」チラシ

☆上の画像をクリックすると最新イベントのチラシのPDFファイルをダウンロードできます。

プロフィール

東村山わん友会

Author:東村山わん友会
★連絡事務所
〒189-0014
東京都東村山市本町3-5-36-405
㈱ココ・プライド本社事務所内
℡042(397)6385
wanyukai@aloha-lohas.biz

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

イベント情報 (118)
東村山わん友会の秘密 (1)
活動報告(実践編) (110)
活動報告(裏事情編) (2)
共生の現場から (18)
おまけ情報 (15)
未分類 (2)
ナンヤカンヤのお知らせ (60)

FC2カウンター

情報をお寄せ下さい

犬フン情報募集中!!

◆東村山市内の〈犬フン情報〉を募集しています。「犬のフンが多くて困っています」「この地域の現状はこんな感じです」「私たちはこんな取り組みをしています」「こんなことができたらいいのにな」など、思い立ったらお気軽にお知らせ下さい。今後の活動指針を決定するデータとして活用させていただきます。よろしくお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。